鼻と鼻の下の吹き出物を治すには?

鼻や鼻の下にできる吹き出物で悩んでいる人は多いと思います。

鼻は、顔の中でも最も皮脂の分泌が多い場所で、吹き出物ができやすい場所の一つです。

鼻は、顔の中で一番紫外線が当たる場所であり、触る機会が多い場所でもあるので、紫外線や皮脂汚れ、刺激などが原因で、吹き出物ができてしまうようです。

また、鼻や鼻の下にできる吹き出物は、洗顔料の落とし残しや洗い残しが原因で起こることもあります。


鼻や鼻の下にできる吹き出物を治す方法としては、洗顔時に丁寧に洗うことです。
おでこや頬はしっかり洗っているのに、鼻や鼻の下はいいかげん、ということがないように、しっかり洗いましょう。

注意したいのは、皮脂の分泌が多く、肌のべたつきが気になっても、1日2回以上の洗顔はやめましょう。
洗顔のしすぎは、肌に必要な皮脂を取り過ぎ、かえって皮脂分泌を増やしてしまいます。

また、脂取り紙などで、肌に浮いた皮脂をさっと取り除くのも効果的ですが、この際にもカサカサになるまで取り過ぎると、皮脂が増える原因になるので、注意しましょう。


また、鼻を触ると、細菌などをつけてしまったり、それが刺激になって吹き出物を悪化させてしまうことがあるので、極力避けましょう。
鼻をかむのが荒い人も、鼻の吹き出物ができやすかったり、悪化したりすることがあるようですので、できるだけソフトにするのが望ましいです。


その他にも、男性は髭の生える部分にできやすいようです。
髭剃りによる刺激や、髭を長く伸ばしていると、不衛生になったり、毛穴が詰まって吹き出物ができやすいので、あまりにも吹き出物がひどい場合には、髭のそり方に気をつけたり、髭を剃ってしまったほうが、薬を塗るなどの対処がやすいのでおすすめです。

また、タバコを吸う人は、タバコによって肌に良いビタミンの吸収が阻害されるので、積極的に摂ってください。


鼻や鼻の下にできた吹き出物は目立つので、つい触ってしまったり、黒い皮脂栓をつぶしてしまったりしたくなりますが、悪化するので絶対しないようにしましょう。

吹き出物の治し方関連情報

鼻の吹き出物、鼻の下の吹き出物になやむ人は多いのではないでしょうか。
鼻は顔の中で最も皮脂の分泌が多い上、外部刺激が多い部位です。
そんな鼻や鼻の下の吹き出物の原因と対策をご紹介。

このページのトップに戻る